【今すぐ無料で試す】ゼロから始める定額・学び放題のプログラミング学習サービス「侍テラコヤ」

【爆速】Xserver VPSを利用したConcrete CMSサーバーの立て方

Concrete CMSサーバーの立て方を知りたい人

Xserver VPS」を利用したConcrete CMSサーバーの立て方を知りたいな!

この記事は上記のような疑問を解消するものとなっています。

この記事でお話すること
  • Concrete CMSとは!?
  • Xserver VPSとは?
  • Xserver VPSの特徴
  • Xserver VPSの料金
  • Xserver VPSにConcrete CMSをインストールする手順
  • 【動画版】Xserver VPSにConcrete CMSをインストールする手順

Concrete CMSとは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単で、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。

そんなConcrete CMSですが、利用を検討している方もいるのではないでしょうか!?

中でも「Xserver VPS」はConcrete CMSテンプレートがあるので初心者でも簡単にインストールすることができます。

そこでこの記事では誰でも簡単にConcrete CMSサーバーを立てることができる「Xserver VPS」をご紹介します!

気になる方は是非最後まで読んでいただければと思います。

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Concrete CMSとは!?

Concrete CMS (concrete5) とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単で、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

concrete5の開発を主導するのはアメリカオレゴン州にある企業、PortlandLabsです。

デジタルマーケティングエージェンシーである彼らが、2003年に広告代理店からの依頼で開発した有償のCMSパッケージ「concrete CMS」が前身となっており、2008年に「concrete5」と改名しライセンスがオープンソースに改められてからも、米国企業をはじめ日本企業も含む大小様々な企業からの依頼によるリアルなプロジェクトをもとに、企業ニーズを敏感に捉えた機能開発が行なわれています。

Concrete CMS (concrete5) は市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。

プログラミングの知識なしに、誰にでも簡単に、かつ安心してコンテンツの編集ができる操作性。

プログラマに大きな自由を与える拡張性の高いシステム設計。

さらに、エンタープライズ用途に耐える豊富な機能を搭載したconcrete5は、あらゆるウェブサイトの構築に最適なパッケージです。

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Xserver VPSとは?

 

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Xserver VPSの特徴
  • 国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」が満を持して送るVPSサービス
  • 圧倒的ハイコストパフォーマンス
  • CPUもストレージも圧倒的ハイスペック
  • 快適なネットワーク環境
  • Minecraftなどのゲームがマルチプレイですぐに楽しめる

Xserver VPS」は国内シェアNo.1レンタルサーバー「エックスサーバー」が満を持して送るVPSサービスです。

19年以上積み重ねた豊富なサーバー運用実績と安定したサーバー環境を提供する確かな技術力を元に、最高品質のサービスを提供し続けています。

月額470円でvCPU3コア、メモリ2GBといったハイスペックなサーバーが使える国内最安クラスのハイコストパフォーマンスを実現しています。

仮想専用サーバーであるためレンタルサーバーと比較して他のユーザーの影響を受けにくくなります。

Xserver VPSでは「OSイメージ」や「アプリイメージ」が多数用意されています。

サービスに合わせたイメージを選択することで、サーバー作成と同時にOSのインストールやアプリケーションサーバーの構築が完了します。

Minecraftのマルチサーバーや、ブログ・Webサイトの制作環境、開発用のLAMP環境なども簡単に立ち上げることが可能です。

少しでも気になるという方は是非「Xserver VPS」を利用してみてはいかがでしょうか?

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Xserver VPSの特徴

Xserver VPS」の特徴をみていきましょう。

低価格からハイスペックまで、豊富なラインアップ

Xserver VPSは2GBで月額830円から利用できます。

初期費用はすべてのプランで無料です。

低価格なプランからハイスペックなプランまで全部で6つのプランがあります。

その中でも特におすすめは4GBプランと8GBプランです。

コストパフォーマンスが高いVPSサービスをさらにお安くご利用いただけます。

プラン変更

個人のお客様向けのプランからビジネスユースに適したハイスペックプランまで幅広いラインナップを用意しています。

「初期選択時のスペックでは足らない!」、「スペックが高すぎて持て余している・・・」などのお客様の利用状況に合わせて、あとからプランを変更できるので初期選択時も安心して申し込むことができます。

とりあえず低スペックプランから始めて、より高速に処理したいなど必要に応じて上位プランへ変更することも可能です。

無駄なコストやスペック不足を解消して、サービス利用状況を最適化できます。

イメージ保存

イメージ保存は、その時点のサーバーを丸々保存することが出来るため、バックアップの用途でも利用可能です。

破損や消失などのトラブル発生時にも、イメージ保存したときの状態にすぐ復旧できるため、安心して利用できます。

OS・アプリイメージ

Xserver VPSをより快適にご利用いただくために、「OSイメージ」や「アプリイメージ」を多数用意しています。

サービスに合わせたイメージを選択することで、サーバー作成と同時にOSのインストールやアプリケーションサーバーの構築が完了します。

Minecraftのマルチサーバーや、ブログ・Webサイトの制作環境、開発用のLAMP環境なども簡単に立ち上げることが可能です。

ストレージ増設

ご利用いただくVPSのストレージ(NVMe SSD)容量を200GB増加することができます。

費用を抑えながら大容量のストレージを利用することができるお得なオプション機能です。

サポート

申し込みやお支払いに関するご相談などXserver VPSについてのご相談は、メールにて24時間365日対応しています。

また、お急ぎの方は電話でもご相談可能です。(電話サポートは平日10時~18時)

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Xserver VPSの料金

Xserver VPS」の料金をみていきましょう。

上位プランになればなるほど、料金が高くなっています。

ここでは初回契約時お支払い料金(36カ月)をみていきましょう。

12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の長期契約を選ぶと割引が適用されるので、契約する時点で長期利用することを考えている方はできる限り長い期間のプランを選ぶことをオススメします。

どんなものなのかを試してみたいという方は最低利用期間がないので1か月だけ契約するという使い方をしてみましょう。

ここでは通常料金をご紹介しましたが、定期的に開催されているキャンペーン時には通常料金から更に64%ほど割引されることもあるため、「Xserver VPS」公式サイトを確認してみてください!

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Xserver VPSにConcrete CMSをインストールする手順

Xserver VPSにConcrete CMSをインストールする手順を立てみましょう!

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

Concrete CMSアプリケーションイメージインストール手順

STEP.1
「追加申し込み」をクリック

Xserverアカウントへログインし、「追加申し込み」をクリックしてください。

 

STEP.2
Concrete CMSをインストール

「イメージタイプ」における「アプリケーション」タブより「Concrete CMS」をクリックしてください。

 

お申し込み・お支払いを完了することでサーバーへ自動でインストールされます。

セットアップ準備

Concrete CMSのセットアップをするために「IPアドレス」と「データベース情報」が必要になるため、VPSパネルにログインして「IPアドレス」と「データベース情報」を確認してください。

IPアドレスの確認

VPSパネルのトップページで確認することができます。

 

データベース情報の確認

VPSパネルの「コンソール」また、VPSのSSHにログインすることで以下のような情報が表示されます。

 

Concrete CMSセットアップ手順

STEP.1
「電源操作」より「起動」を実行

VPSパネルへログインし、画面右上にある「電源操作」より「起動」を実行してください。

すでにサーバーが起動している場合は次の手順へ進んでください。

 

STEP.2
Concrete CMSのセットアップ画面へアクセス

ブラウザから「http://[事前に確認したIPアドレス]/」にアクセスし、Concrete CMSのセットアップ画面へアクセスしてください。

言語設定をプルダウンリストから「日本語」に変更し、「→」ボタンをクリックしてください。

 

STEP.3
動作環境のセルフチェック

この画面ではConcrete CMSの動作環境が整っているか、セルフチェックの結果が表示されます。

Xserver VPSで提供する「Concrete CMS」はすべて設定済みで提供しておりますので、そのまま「インストールを続ける」ボタンをクリックしてください。

 

STEP.4
サイト情報を入力

以下内容を入力してください。

  • 名前:任意の名前を入力
  • 管理者メールアドレス:任意のメールアドレスを入力
  • 管理者パスワード:任意のパスワードを入力
  • パスワード確認:「管理者パスワード」と同じ内容を入力

 

STEP.5
デザインテンプレートの選択

お好きなテンプレートを選択してください。

 

STEP.6
データベース情報を入力

事前に確認したデータベース情報を用意していただき、以下内容を入力してください。

  • サーバー:localhost
  • MySQLユーザー名:MySQL ConcreteCMS usernameの内容
  • MySQLパスワード:MySQL ConcreteCMS passwordの内容
  • データベース名:MySQL ConcreteCMS database nameの内容

 

STEP.7
「Concrete CMSをインストール」ボタンをクリック

「プライバシーポリシー」のチェックを入れ、「Concrete CMSをインストール」ボタンをクリックしてください。

 

STEP.8
設定完了

以下のような画面が表示されたらインストール完了です。

「サイトを編集」ボタンをクリックすると、サイト編集画面が表示されます。

 

 

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

【動画版】Xserver VPSにConcrete CMSをインストールする手順

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

Xserver VPS」はConcrete CMSサーバーにおススメです。

だれでも簡単にセットアップできるので是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

\XserverならConcrete CMSのテンプレート提供/
【2024/7/1まで】初期費用無料、最大20%OFF、月額664円~でお得に申し込む!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です