【今すぐ無料で試す】ゼロから始める定額・学び放題のプログラミング学習サービス「侍テラコヤ」

【Windows10/11】タスクバーにピン留めする方法!ピン留めできない場合の対処法!

Windowsを教えている人

タスクバーにピン留めする方法について知りたいという方はいませんか?

 

そこでこの記事ではタスクバーにピン留めする方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

気になる方は是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

 

Windowsをなんとなく使ってはいるけれど、もっと効率的に使えるようになりたいと感じたことはないでしょうか?

 

そんな方は書籍で学習するのがオススメです。

 

Windows 11 やさしい教科書」はパソコン初心者の人にも、Windows 11に乗り換えた人にも、「知っておきたい」「しっかり役立つ」操作・活用方法を学べます。

 

Windows 11の基本操作から、インターネット、クラウドサービス、ビデオ会議、写真・動画の編集、周辺機器の利用法などなど、Windows 11を便利に使うための情報を盛りだくさんです。

 

操作画面を1つひとつ掲載し、とことん丁寧に解説しているので迷いません。また、キーワードや便利技、ショートカットキーなど役立つ情報も充実しています。

 

初心者の方の強い味方として、また、新しいWindows 11を使いこなすためのマニュアルとして、本書をぜひお役立てください。

 

なんと「ebookjapan」でクーポンを利用すると70%OFF(※有効期間内に6回までの利用可能)で購入することができます。

 

この機会に是非利用してみてはいかがでしょうか?

Windowsを教えている人

 

 

タスクバーにピン留めする方法

 

 

Windowsを教えている人

Windowsで作業を行っていると、よく使うアプリがいくつかあると思います。

 

そんなアプリはタスクバーにピン留めすることをオススメします。

 

ピン留めとはアプリをタスク バーやスタートメニューの一覧にアイコンとして登録しておくことです。

 

よく利 用するアプリをピン留めしておくと、アイコンを選択するだけで、すばやく起動 できるので、とても効率的です。

 

そこでタスクバーにピン留めする方法をみていきましょう。

 

「技術書をできるだけ安い値段でたくさん読みたい」と考えて、技術書読み放題サービスを探していませんか?

 

1冊2,000円〜3,000円することもザラにある技術書ですが、kindle unlimitedを利用することでお金をかけずに読むことができます。

 

なんとKindle端末またはFireタブレットを購入すると、任意でKindle Unlimitedが3カ月無料になる特典を付けられます。

 

タスクバーに追加してPCでkindle unlimitedを読んでみることをオススメします。

Windowsを教えている人

 

 

タスクバーとは?

 

タスクバーは通常 Windows OS の画面上で下端に表示される横長の帯状のバーのことで、その上に Windows を操作するボタンや起動中のアプリまたはプログラムのボタンなどが表示されています。

 

一般的に画面下端にあるが、上端または左右に配置することもできます。

 

Windowsを使っていれば自然とタスクバーを使用しますが、工夫することでさらに使いやすく、作業効率をあげることができます。

 

スタートボタン

 

スタートボタンをクリックするとスタートメニューが現れます。

 

Cortana

 

AIアシスタントと呼ばれるこの機能は音声や文字入力で様々な質問に答えてくれます。

 

最近AIスピーカーと呼ばれる製品がいくつか発表されましたが、Cortanaも同じような機能を提供するものです。

 

 

タスクビュー

 

アプリを切り替えるだけでなく、複数のデスクトップを切り替えて表示することが出来ます。

 

タスクバーボタン

 

タスクバーのメイン機能とも言えるこのタスクバーボタンです。

 

Windows7から導入された機能で、起動しているアプリを表示させるだけで無く、よく使うアプリを常に表示させておいたり、ボタンを右クリックしてよく使うファイルを呼び出す事が出来ます。

 

通知領域

 

常駐プログラムなどが登録したアイコンが置かれる場所です。

 

基本的にタスクバーの右に表示されています。

 

アクションセンター

 

通知をまとめてチェックしたり、各種機能に手軽にアクセスできます。

 

ここには、OSやアプリの更新プログラムの情報、新着メールなどの通知がまとめて表示されます。

 

ツールバー

 

タスクバーにある機能で、タスクバーに埋め込まれて追加される機能です。

 

アドレス、リンク、デスクトップ等があり、メニューから追加することが出来ます。

 

タスクバーにピン留めする方法

 

頻繁に利用するアプリ、ファイルなどをすぐに呼び出せるように下のバーにアイコンを常に表示させておくことを「タスクバーにピン留めをする」と呼びます。

 

タスクバーはデスクトップ画面を表示させた時に下の方にアイコンが表示されている箇所です。

 

ここに頻繁に利用するアイコンを表示させておくとワンクリックで目的のページまでいくことができるのでとても便利です。

 

このアイコンを起動と同時にいつも表示させておくことを「ピン留めをする」と呼びます。

 

そこでここではタスクバーにピン留めする方法をみていきましょう。

 

【Windows10】タスクバーにピン留めする方法

 

スタートメニューまたはアプリの一覧で右クリックして、その他、タスク バーにピン留めするの順に選択します。

 

 

選択したアプリケーションの起動ボタンがデスクトップ画面のタスクバーに追加されます。

 

タスクバーのピン留めを解除したい場合、解除したいアイコンを右クリックして、タスクバーからピン留めを外すをクリックします。

 

【Windows11】タスクバーにピン留めする方法

 

スタートボタン、右上のすべてのアプリの順にクリックします。

 

 

登録したいアプリケーションを右クリックし、表示されるメニューから詳細、タスクバーにピン留めするの順にクリックします。

 

 

タスクバーにアプリケーションが登録されていることを確認しましょう。

 

もし、タスクバーからアプリを削除したい場合、削除したいアイコンを右クリックし、表示された一覧から「タスクバーからピン留めを外す」をクリックするだけでOKです。

 

パソコン[最強]時短仕事術 超速で仕事するテクニック

 

オフィスワークにパソコンが必須の現代、パソコンをどれだけ速く使えるからは、ビジネスの成果に直結します。

 

本書は、パソコンで仕事を手際よく効率的に行うための考え方とテクニックをわかりやすく解説されています。

 

パソコンそのものの高速化、ショートカットキー、ファイル整理、ワード・エクセル・PDFの便利ワザ、入力高速化、メール&チャット、情報収集術がこれ一冊で身につきます。

 

 

タスクバーにピン留めできない場合の対処法

 

アプリケーションによっては、タスクバーにピン留めできないものがあります。

 

Windows11ではスタスクバーにピン留めできるアプリやファイルが制限されています。

 

アプリケーションによっては、「タスクバーにピン留めする」が表示されないことがありますが、スタートメニューにピン留めされているアプリを右クリックして設定できる場合があります。

 

直接ピン留めできないアプリでもショートカット化することでスタートメニューにピン留めが可能です。

 




 

【キャンペーン中は超お得】Xserver for WindowsならいつでもどこでもWindows11を使えます!

 

 

 

\【2023年10月10日まで】利用料金最大30%オフ!初期費用無料!月額1386円から使える!/

 

特徴
  • 初期費用が無料なので、かかるコストはサーバー費用のみ
  • 専門の技術者が24時間サーバーを監視
  • Xserver for WindowsではMicrosoft Officeも利用可能
  • スマートフォンやタブレット端末からでも手軽に便利にWindows環境が利用できる
  • ハイスペックサーバーで運用

 

Xserver for Windowsは、240万以上のサイトを運営する国内No.1レンタルサーバーエックスサーバーが提供する性能・コスパ国内No.1のWindows搭載のVPSサービスです。

 

なんとWindows OS環境を初期費用無料、月額1,980円(3コア/2GBメモリ)から利用可能です。

 

当サーバーはシステム開発やリモートワークなど、用途に応じた組み合わせが可能です。

 

例えば、「Windows環境での開発作業や社内PCの一括管理、社内のファイルサーバーとしてファイル共有などに利用できる」、「リモートワークにおける本格的な社内資料の作成などオフィス業務により特化できる」、「Officeをプリインストールした環境を利用できる」など用途は様々です。

 

「Windows Server for Remote Desktop + Office」であれば、仮想デスクトップ環境に加えて、ビジネス用アプリケーションをプリインストールした環境を利用できます。

 

リモートワークにおける社内資料の作成が本格的にしたい方は是非Xserver for Windowsを利用してみてはいかがでしょうか!?

 

もし、Xserver for Windows リモートデスクトップの使い方を知りたい方は「【爆速】Xserver for Windows リモートデスクトップの使い方」という記事をご覧ください。

 

\【2023年10月10日まで】利用料金最大30%オフ!初期費用無料!月額1386円から使える!/

 




 

まとめ

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

是非この機会に今回ご紹介したタスクバーにピン留めする方法を利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です