【今すぐ無料で試す】ゼロから始める定額・学び放題のプログラミング学習サービス「侍テラコヤ」

【iPhone】紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法

iPhoneを知っている人

紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法について知りたいという方はいませんか?

 

そこでこの記事では紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

気になる方は是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

 

iPhoneをなんとなく使ってはいるけれど、もっと効率的に使えるようになりたいと感じたことはないでしょうか?

 

そんな方は書籍で学習するのがオススメです。

 

iPhone完全マニュアル2023」はiPhoneをはじめて手にした人から、しばらく使っているもののいまひとつ使いこなせていないといったユーザーにもおすすめです。

 

初期設定や文字入力、ホーム画面の基本操作、Safariやメールなどの標準アプリの操作はもちろん意外と知らないiOSの便利な機能や使いこなしのコツ&ヒントより快適な操作法や活用テクニック、セキュリティトラブル解決まで、この1冊にぎっしりオールインワン!

 

iPhone初心者の家族へのプレゼントにも最適です。

 

この本はkindle unlimitedで無料で読むことができます。

 

本・マンガ・雑誌など200万冊以上の書籍を取り扱っており、毎月1日に新しいタイトルが更新され、ラインアップが変わります(年末年始等は変更あり)。

 

Kindle端末またはFireタブレットを購入すると、任意でKindle Unlimitedが3カ月無料になる特典を付けられます。

 

iPhoneを知っている人

 

 

 




 

紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法

 

「iPhoneを紛失してしまった」、「電源を切られたらiPhoneをもう探せないの」とお困りの方はいませんか?

 

iPhoneを紛失した際にこのような事態が発生すると、困ってしまう人も少なくないでしょう。

 

しかし、紛失したiPhoneの電源が切られていても、iPhoneは探せます。

 

そこでここでは紛失したときに位置情報オフでも探せる方法を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 



 

「iPhoneを探す」とは?

 

「iPhoneを探す」とはiCloudにサインインしているiPhoneの位置情報を取得し、端末の所在を確認する機能です。

 

標準搭載されている機能になるので、iPhoneを持っている人なら誰でも無料で利用することができます。

 

現在は「iPhoneを探す」アプリと「友達を探す」アプリの機能を統合した「探す」という名称のアプリに変更され、デバイス(iPhoneやその周辺の機器を指す)と人の両方が1つのアプリで探せるようになりました。

 

「探す」のアプリで探せるデバイスはiPhoneだけでなく、iPadやMac PCなどのApple製品が対象です。

 

また、アプリのアップデートに伴い、イヤホンなど互換性のあるサードパーティ製品も探せるようになっています。

 



 

「iPhoneを探す」の設定方法

 

「iPhoneを探す」をオンにする方法はとても簡単です。

 

iPhone内の設定でオンにできます。

 

「iPhoneを探す」をオンにする

 

はじめにiPhoneを「探す」アプリから探せる状態にします。

 

「設定」を開き、Apple ID(一番上の名前の欄)→「探す」の順にタップします。

 

「iPhoneを探す」を開き、「iPhoneを探す」をオンにします。

 

「”探す”のネットワーク」と「最後の位置情報を送信」もオンにしておくと、紛失時のピンチから助かる可能性が高まります。

 

位置情報サービスをオンにする

 

「探す」アプリに位置情報の利用が許可されていることを確認しておきましょう。

 

「設定」を開き、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップして進み、「探す」が「使用中のみ」になっていればOKです。

 

「なし」になっていたらタップして開き「使用中のみ」に変更します。

 



 

紛失したiPhoneの位置情報を確認する方法

 

実際にiPhoneを紛失した際はどうしたらいいでしょうか?

 

状況によって、「自分のiPadやMacから探す」「ファミリー共有中のiPhoneから探す」といった2つの方法があります。

 

自分のiPadやMacから探す方法

 

iPadやMacなど、同じApple IDで使用しているデバイスがあれば、そこから「探す」アプリで紛失したiPhoneの位置を確認することができます。

 

ファミリー共有中のiPhoneから探す方法

 

iPhoneの「ファミリー共有」機能で、他のメンバーと「位置情報を共有」していれば、メンバーのiPhoneから自分のデバイスの位置を確認できます。

 



 

紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法

 

iPhoneを紛失しても「iPhoneを探す」機能を利用すると、iPhoneの場所を特定して探すことができます。

 

iPhoneを紛失してしまった場合、落ち着いて「iPhoneを探す」機能で探してみましょう。

 

「iPhoneを探す」機能は、最後に電源がオンだった場所までしかiPhoneの所在を追うことができませんでした。

 

しかし、iOS 15以降の端末は、電源がオフになっても位置情報を取得できるように改良されています。

 

「iPhoneを探す」が使える時間

 

「iPhoneを探す」アプリを利用すると、位置情報がAppleに送信されるようになっています。

 

そこで位置情報が保持される期間は24時間でそれ以降は位置情報が削除されます。

 

iOS 14以前は位置情報を検索すると2時間だけ保持されていました。

 

しかし、iOS 15以降は位置情報が自動的に読み込まれ、最大24時間保持されています。

 




 

「iPhoneを探す」が利用できる端末

 

iPhoneの電源がオフになった後、「iPhoneを探す」のネットワークには超広帯域無線通信を利用しています。

 

「iPhoneを探す」機能の使えるU1チップ搭載機種に限られています。

 

対象機種は以下の通りです。

 

  • iPhone 11シリーズ(11/Pro/Pro Max)
  • iPhone 12シリーズ(12/Pro/Pro Max/mini)
  • iPhone 13シリーズ(13/Pro/Pro Max/mini)
  • iPhone 14シリーズ(14/Plus/Pro/Pro Max)

 

上記の機種でiOS 15以降にアップデートしている方、電源がオフになっても「iPhoneを探す」機能を利用することができます。

 



 

【実質0円または1円で購入できる機種あり】楽天モバイルならお得なキャリアプラン提供中

 

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えると、毎月の料金を大幅に抑えることができます。

 

楽天モバイルは月額最大3,278円でデータが無制限で使うことができる非常にお得なキャリアプランを提供しています。

 

楽天モバイルで実質0円または1円で購入できる機種もあります。

 

この機会に是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 




 

まとめ

 

iPhoneを知っている人

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

是非この機会に今回ご紹介した紛失したときに電源オフでも位置情報を探せる方法を利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です