【今すぐ無料で試す】ゼロから始める定額・学び放題のプログラミング学習サービス「侍テラコヤ」

【iPhone】すぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因・対処法

iPhoneを知っている人

すぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因・対処法について知りたいという方はいませんか?

 

そこでこの記事ではすぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因・対処法について詳しく解説していきたいと思います。

 

気になる方は是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

 

iPhoneをなんとなく使ってはいるけれど、もっと効率的に使えるようになりたいと感じたことはないでしょうか?

 

そんな方は書籍で学習するのがオススメです。

 

iPhone完全マニュアル2023」はiPhoneをはじめて手にした人から、しばらく使っているもののいまひとつ使いこなせていないといったユーザーにもおすすめです。

 

初期設定や文字入力、ホーム画面の基本操作、Safariやメールなどの標準アプリの操作はもちろん意外と知らないiOSの便利な機能や使いこなしのコツ&ヒントより快適な操作法や活用テクニック、セキュリティトラブル解決まで、この1冊にぎっしりオールインワン!

 

iPhone初心者の家族へのプレゼントにも最適です。

 

この本はkindle unlimitedで無料で読むことができます。

 

本・マンガ・雑誌など200万冊以上の書籍を取り扱っており、毎月1日に新しいタイトルが更新され、ラインアップが変わります(年末年始等は変更あり)。

 

Kindle端末またはFireタブレットを購入すると、任意でKindle Unlimitedが3カ月無料になる特典を付けられます。

 

iPhoneを知っている人

 

 

 



 

すぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因

 

iPhoneを利用していると「本体がすぐに熱くなってバッテリーが減る」と困っている方はいませんか?

 

iPhoneが素手で持てないほど熱くなるのは、とても危ないです。

 

iPhoneは精密機器なので、間違った対処を取ると故障するリスクがあります。

 

そこですぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因をみていきましょう。

 

バッテリー消費が激しいアプリを利用している

 

バッテリー消費が激しいアプリが原因となっている場合があります。

 

アプリを長時間使用したりすると、CPUに大きな負荷がかかるため、iPhone本体が熱くなることがあり、注意が必要です。

 

CPUとは、コンピューターが処理を行う際に利用する部分です。

 

CPUへの負荷が大きくなると発熱量が増えるので、冷却が追い付かなくなりiPhoneが熱くなるという感じです。

 

ゲームはグラフィック使用や複数人プレイによって、CPUの負荷が非常に大きくなる傾向にあります。

 

そのようなときは設定画面のバッテリー項目からアプリごとのバッテリー消費量をチェックし、異常に多いものがあれば、特定のアプリを終了させましょう。

 




 

充電しながらiPhoneを使用している

 

iPhoneを充電しながら使用するとバッテリーへの負荷が大きくなり、iPhoneが熱くなることがあります。

 

iPhone本体が熱くなってしまう症状はiPhoneの仕様の問題でもあります。

 

iPhoneの本体自体がアルミ合金製であるためCPUなどの仕様率があがった場合、iPhone内部の熱を外部放出することでiPhoneの損傷を防ぐ仕様となっています。

 

バッテリーの温度が45℃以上になると劣化が始まるとされていて、触れないほど熱くならなければそれほど危険ではありません。

 

しかし、なるべく使用を控えることをオススメします。

 




 

バッテリーが劣化している

 

バッテリー劣化はiPhoneが熱くなる原因の1つです。

 

バッテリーが劣化すると、充電のもちが悪くなり、充電回数が増えます。

 

充電は大きな負荷がかかるため、何度も充電することで発熱することとなります。

 

充電をするタイミング・回数によって、バッテリーの劣化が早まるため、注意が必要です。

 

もし、バッテリーの最大容量を詳しく知りたい方は「【iPhone】バッテリー最大容量確認方法!減りが早いときの対処法!」を是非ご覧ください。

 




 

iOSのアップデートをした直後である

 

iOSのアップデート直後、iPhoneが熱くなることがよくあります。

 

iOSのアップデート後、システムは新しいOSに適応するためのデータを作成します。

 

この作業はCPUに負荷をかけるため発熱の原因となることがあります。

 

アップデートによって新たに追加された機能やアプリケーションが、初めて動作する際にCPUを多く使用することで、発熱することもあります。

 




 

直射日光・高温多湿の環境下にある

 

温度が高くなりやすい場所、直射日光が当たる場所にスマホに放置すると、発熱しやすくなります。

 

また、ケースやカバーをつけて充電すると、スマホの熱が外に逃げにくく、より高熱になりやすいので注意が必要です。

 




 

すぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い対処法

 

iPhoneが熱くなっても、あまり気にせず使い続ける人もいるかもしれません。

 

しかし、熱い状態のままiPhoneを使い続けるのは、さまざまなリスクをともないます。

 

例えば、「充電の減りが早くなる」、「バッテリーが発火や発煙する可能性がある」、「電源が落ちて起動しなくなる」などです。

 

しかし、無理やり冷やすのは逆効果です。

 

冷蔵庫に入れる、氷で冷やすなどの急速な冷却は本体内の結露を促し、故障につながる場合もあるため注意しましょう。

 

スマホが発熱した場合は急激な冷却は避けて、自然に冷やしましょう。

 

それではすぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早いときの対処法をみていきましょう。

 




 

放電する

 

発熱したスマートフォンはすぐに放電しましょう。

 

長時間の使用による一時的な発熱の場合、放置することで解決します。

 

放電してもすぐに発熱する場合は、ほかの原因が考えられます。

 

他にもスマホ用の冷却ファン冷却シートを使用することもオススメします。

 

 




 

充電しながらスマホを使わない

 

充電しながらスマホを使用していると、バッテリーに負荷がかかって発熱することがあります。

 

そのため、なるべく充電中はスマホを使わないようにしましょう。

 

特にゲームアプリなどの負荷が高いアプリを利用する際は注意が必要です。

 

※非正規ケーブルの中にはケーブルの品質が低く、安全に充電できないものもあります。しっかりと純正ケーブルを利用しましょう。

 

 




 

設定を変更する

 

iPhoneが熱くなった場合、設定を変更することで熱くならないよう防止することができます。

 

例えば、「画面の明るさを落とすこと」、「低電力モードを使用すること」などがあります。

 

設定アプリからバッテリーを確認すると、バッテリーの使用状況を確認することができます。

 

よく使用しているアプリの使い方を改めれば、バッテリーの負荷を抑えることができ、iPhoneが熱くなることの防止になるので確認してみてみましょう。

 




 

ストレージ容量を整理する

 

データ量が多いと、CPUへの負担が増えてしまいます。

 

ストレージ容量を整理して減らすことは、iPhoneの温度上昇防止に効果的です。

 

使わないアプリ、写真、動画を削除しましょう。

 

iCloudを使用して写真やビデオのバックアップをとり、iPhone内では削除することでストレージを減らせます。

 

ストレージ容量が増えているという方はこの機会に是非整理してみてはいかがでしょうか?

 




 

スマホケースを外す

 

スマホケースをつけていると、熱が外に放出されずに、熱くなってしまうことがあります。

 

本体が熱いと感じたら、スマホケースを外して、放熱しましょう。

 




 

バッテリー交換・修理する

 

「充電持ちが悪い」、「バッテリー残量がすぐに100%から1%になる」などバッテリーに問題がある場合、バッテリー交換を行いましょう。

 

バッテリーが膨らんでいるような場合は、経年劣化して故障していることが考えられます。

 

バッテリー交換は自分でもできますが、保証の対象外となってしまうため、スマホメーカーや街中の修理屋などを利用して修理することをおすすめします。

 

iPhone修理 アイサポ」では即日修理、当店では基本的に約60分でお客様にお返しする事を目標とし、確実で丁寧なiPhone修理サービスを行っています。

 

iPhone修理アイサポでは故障した部品のみを交換修理しているので、メーカー修理の半額以下、最大70%offのサービス料金を実現しています。

 

是非、バッテリー交換を検討している方は是非「iPhone修理 アイサポ」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

\バッテリー交換など格安修理・即日修理完了!/
安心の修理実績100万台超!各種メディアでも話題の修理屋さん!

 




 

iPhoneを買い替える

 

iPhone本体を買い替えることも対策の1つです。

 

最新のiPhoneには、古いiPhoneよりも優れたCPUが使われているのでiPhoneが熱くなりにくくなっています。

 

J:COMモバイル」は月額利用料980円(税抜)から、 端末代金込みでも1180円(税抜)からとお得です。

 

格安SIMも、データ容量が3GBで900円(税抜)から、 とてもオトクな料金プランが用意されています。

 

もちろん、電話番号も端末も、 そのまま変わらずに乗り換え可能です。

 

iPhoneの買い替えを検討している方は是非「J:COMモバイル」を利用してみてはいかがでしょうか?

 

\WEBでかんたんお手続き可能!/

 




 

【実質0円または1円で購入できる機種あり】楽天モバイルならお得なキャリアプラン提供中

 

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えると、毎月の料金を大幅に抑えることができます。

 

楽天モバイルは月額最大3,278円でデータが無制限で使うことができる非常にお得なキャリアプランを提供しています。

 

楽天モバイルで実質0円または1円で購入できる機種もあります。

 

この機会に是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 




 

まとめ

 

iPhoneを知っている人

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

是非この機会に今回ご紹介したすぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因・対処法を利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です