【今すぐ無料で試す】ゼロから始める定額・学び放題のプログラミング学習サービス「侍テラコヤ」

【iPhone】低電力(省電力)モード解除方法!メリット・デメリットも解説!

iPhoneを知っている人

低電力(省電力)モード解除方法について知りたいという方はいませんか?

 

そこでこの記事では低電力(省電力)モード解除方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

気になる方は是非最後まで読んで頂けたら幸いです。

 

iPhoneをなんとなく使ってはいるけれど、もっと効率的に使えるようになりたいと感じたことはないでしょうか?

 

そんな方は書籍で学習するのがオススメです。

 

iPhone完全マニュアル2023」はiPhoneをはじめて手にした人から、しばらく使っているもののいまひとつ使いこなせていないといったユーザーにもおすすめです。

 

初期設定や文字入力、ホーム画面の基本操作、Safariやメールなどの標準アプリの操作はもちろん意外と知らないiOSの便利な機能や使いこなしのコツ&ヒントより快適な操作法や活用テクニック、セキュリティトラブル解決まで、この1冊にぎっしりオールインワン!

 

iPhone初心者の家族へのプレゼントにも最適です。

 

この本はkindle unlimitedで無料で読むことができます。

 

本・マンガ・雑誌など200万冊以上の書籍を取り扱っており、毎月1日に新しいタイトルが更新され、ラインアップが変わります(年末年始等は変更あり)。

 

Kindle端末またはFireタブレットを購入すると、任意でKindle Unlimitedが3カ月無料になる特典を付けられます。

 

iPhoneを知っている人

 

 

 




 

低電力(省電力)モードとは?メリット・デメリットは?

 

低電力(省電力)モードはiPhoneの充電の減りを抑えたい場合に活用したい機能です。

 

低電力モードの利用で処理速度が遅くなる、一部機能に影響が出るといったデメリットはありますが、iPhoneのパワーを抑えて電池が減るペースを遅くできる便利機能です。

 

まずは低電力(省電力)モードについてみていきましょう。

 




 

低電力(省電力)モードとは?

 

低電力モードとは、iPhoneに備わっている充電の消費を抑える機能です。

 

低電力モードをオンにすると、iPhoneのパワーを抑えてバッテリー消費スピードが遅くなります。

 

電池残量が20%になると、切り替えの確認画面が表示されます。

 

低電力モードにすると、プロセッサの消費電力や画面輝度が低く抑えられ、設定にかかわらず30秒で画面を消灯するようになります。

 

またバックグラウンドでのデータ送受信も行われなくなります。

 

75%まで充電されると、停電モードが解除されて通常モードに戻ります。

 

一度使ってみて機能性に問題がないと感じたら、活用しましょう!

 

もし、iPhoneがすぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早いという方は「【iPhone】すぐ熱くなる・バッテリー(充電)減りが早い原因・対処法」を是非ご覧ください。

 




 

低電力(省電力)モードのメリットは?

 

低電力モードを利用する最大のメリットは、充電が減るペースを遅くできる点です。

 

また、電池が溜まるスピードを早くできます。

 

低電力モードはiPhoneの消費を抑える機能です。

 

そのため、低電力モードの利用中にiPhoneを充電していると電池の消費量が下がるため、満タンになるまでの時間が短くなります。

 




 

低電力(省電力)モードのデメリットは?

 

低電力モードのメリットはバッテリーが長持ちする点でとても役に立ちます。

 

しかし、機能制限による影響を受けるというデメリットがあります。

 

具体的には、以下の機能が制限され、低電力モードがオフの場合と比べると少し使い勝手は悪くなる面もあります。

 

  • iPhone 12 と iPhone 13 モデルの 5G (ビデオストリーミングを除く)1
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • ディスプレイの明るさ
  • ProMotion ディスプレイ搭載モデルの iPhone/iPad のディスプレイのリフレッシュレート (最大 60 Hz に制限)2
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • iCloud 写真 (一時的に停止)
  • 自動ダウンロード
  • メールの取得
  • アプリのバックグラウンド更新

 

低電力モードはバッテリーの持続時間を長くするのと引き換えに端末の機能面に影響が出る点には注意しましょう。

 




 

低電力(省電力)モード解除方法

 

iPhoneを利用していて、バッテリーが少なくなってしまった、バッテリー切れで大事な連絡を受け取れなくなったといった場面を経験したことがあるのではないでしょうか?

 

iPhoneにはバッテリー切れが迫っているときに役立つ機能「低電力モード」があります。

 

そこでここでは低電力(省電力)モード解除方法をみていきましょう。

 




 

低電力(省電力)モード解除方法

 

低電力モードのオン・オフを切り替えは設定、バッテリーの順に選択した後に表示される低電力モードの項目からできます。

 

 

他にもコントロールセンターから、低電力モードのオン・オフの切り替えできるように設定もできます。

 

設定、コントロールセンター、コントロールをカスタマイズの順に選択して、低電力モードを選択してコントロールセンターに追加しましょう。

 

低電力モードがオンの間、ステータスバーのバッテリーアイコンは黄色になります。

 

黄色いバッテリーアイコン とバッテリー残量 (%) が表示されます。

 

iPhone や iPad の充電量が 80 % 以上になると、低電力モードは自動的にオフになります。

 




 

バッテリーが劣化しているなら端末を買い替えよう

 

バッテリーの劣化が著しい状態だと、低電力モードを使っても効果が感じられない可能性があります。

 

そんなときはiPhone本体を買い替えることも対策の1つです。

 

最新のiPhoneには、古いiPhoneよりも優れたCPUが使われているのでiPhoneが熱くなりにくくなっています。

 

J:COMモバイル」は月額利用料980円(税抜)から、 端末代金込みでも1180円(税抜)からとお得です。

 

格安SIMも、データ容量が3GBで900円(税抜)から、 とてもオトクな料金プランが用意されています。

 

もちろん、電話番号も端末も、 そのまま変わらずに乗り換え可能です。

 

iPhoneの買い替えを検討している方は是非「J:COMモバイル」を利用してみてはいかがでしょうか?

 

\WEBでかんたんお手続き可能!/

 




 

【実質0円または1円で購入できる機種あり】楽天モバイルならお得なキャリアプラン提供中

 

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えると、毎月の料金を大幅に抑えることができます。

 

楽天モバイルは月額最大3,278円でデータが無制限で使うことができる非常にお得なキャリアプランを提供しています。

 

楽天モバイルで実質0円または1円で購入できる機種もあります。

 

この機会に是非利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

\楽天モバイルには実質0円または1円で購入できる機種もあります!/

 




 

まとめ

 

iPhoneを知っている人

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

 

是非この機会に今回ご紹介した低電力(省電力)モード解除方法を利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です